1. トップページ
  2. すべての商品
  3. エッセンシャルオイル5ml
  4. アロマオイル ペパーミント 5ml

アロマオイル ペパーミント 5ml

アロマオイル ペパーミント 5ml

\1,800(税別)

内容量5ml
学名Mentha piperita
原産地アメリカ
抽出部位葉と花頭部
抽出方法水蒸気蒸留法
アロマオイル ペパーミント 5mlのおすすめレシピ

Peppermint ペパーミント

おなじみメントールのスッとしたこの香りは、体と心に積極的に働きかけます。頭をクリアにし、気持ちを引き締めてくれます。眠気覚ましには、ぴったりです。鼻づまりや花粉症・吐き気などにも効果的です。古くから、歯磨き粉、消化薬、お菓子やお酒などの香りづけなど、広く親しまれてきたなじみの深いハーブです。

◆ スッキリ目覚めに…
おなじみメントールの爽やかな香りは、心・体・精神に活力を与えてくれます。気持ちを引き締めたい時や気力を高めたい時にお試しください。 アロマランプやディフェーザーなどでお部屋に香らせてみましょう。また頭がボーとする時や、1日が始まる朝にもおすすめ。即効的眠気覚ましには、こめかみに近い頭皮に、薄めた精油をつけてみて。
◆ 集中力・記憶力UPに…
目の前のことに集中して取り組みたい時、仕事や勉強の効率を上げたい時に。スッキリとした爽快な香りで、頭をスッキリさせ、心と精神に活力を与えてくれます。直感やひらめきがほしい時もおすすめ 。ハンカチに1滴落として嗅いでみてください。
◆ 空気洗浄に…
清涼感のある透き通った香りは、抗菌作用に大変すぐれています。カビの発生しやすい梅雨時期や風邪の流行る冬場には、室内の空気をクリーンに保つためいつもお部屋に香らせるとよいでしょう。
◆ 風邪気味の時に…
ひいたかな?と思うようなとき、熱めのアロマバスや吸入(カップ1杯のぬるま湯に1滴落とし深呼吸してみましょう。ペパーミントには、免疫力を高めてくれる作用や殺菌・消毒作用があります。
◆ 頭が痛い時に…
ハードワークやパソコンでの疲労による頭痛は、血流が悪いのが原因。頭皮や首筋につけて(水やキャリアオイルにまぜて) 軽くマッサージしてみましょう。スーっとした爽快感のある香りは、痛みを即効的に緩和してくれます。
◆ 食べ過ぎに…
吐き気や胸やけなどの症状を緩和する作用があると言われています。胃やお腹まわりを簡単にマッサージしてみましょう。車酔いなどには、簡単・即効でハンカチやティッシュに1滴落として、香りを吸入してください。スーと気分が楽になります。
◆ 肩の疲れに…
こっている部分をマッサージしましょう。疲れた筋肉が和らぎます。また、ペパーミントには、鎮痛作用がありますので、痛みも緩和されます。
◆ マウスケアに…
市販のマウスケア商品でもおなじみのペパーミント。爽やかですっきりした香りは、殺菌・消臭効果がとても強力です。マウスウオッシュやマウススプレーは、ご自分で簡単に作れます。チャレンジしてみてください。

※注意事項
敏感肌の方は、低濃度でご使用ください。アロマバスには、キャリアオイルにまぜてご使用ください。
体温を下げるので高濃度、広範囲には使用しないでください。

アロマオイルの使い方
芳香浴 … 気持ちの良い香りに包まれて、心地よい時間を過ごしましょう。
芳香浴お部屋に香りを漂わせ、その香りを鼻から吸収することで、香りの効能を身近に活用できます。アロマテラピーをいちばん手軽に効果的に楽しめる方法です。アロマライトやディフューザーなら、火気の心配が要らないので寝室や子供のいる部屋でも安心です。

●アロマライト…電球の熱で精油を温めて香りを拡散させます。受け皿にお水を 7~8分目まで入れて、精油を落とします。6畳で3~6滴が目安。

●ディフューザー…拡散力が強いので、広いお部屋におすすめです。空気圧で拡散させるので精油の香りが長持ちするのも特徴です。ディフューザーの中に精油を落としてスイッチを入れます。 ※共に、詳しい使用法は説明書に従ってください。

●マグカップなど…身近なアイテムを利用してすぐできます。お手持ちのカップなどにお湯を入れ、そこに精油を1~2滴落とします。立ち上がる湯気といっしょに香りが広がります。(誤って飲んでしまわないよう注意しましょう。)
アロマバス … 香りに包まれたバスルームは、究極のヒーリングタイム。
アロマバス香りに包まれてのバスタイムは、毎日手軽に出来るアロマケアです。鼻から香りを楽しむ芳香浴と精油が皮膚から浸透する効果の両方が得られます。

お湯に精油を3~6滴落として、よくかき混ぜてから入浴します。体の一部だけお湯につける部分浴(足浴・手浴・座浴)も効果的です。その場合、洗面器にお湯を入れて精油を1~2滴落します。

※敏感肌の方は、まずは1滴から始めましょう。また、天然塩かキャリアオイルにまぜてから使用すると刺激が緩和されます。

【ブレンドの目安】
 ●バスソルト(天然塩大さじ2杯+精油3~6滴)
 ●バスオイル(キャリアオイル大さじ1杯+精油3~6滴)

よく混ぜて精油をなじませます。バスソルトは半日程度置きます。作り置きする場合は、蓋のある遮光瓶に入れて2週間以内に使い切りましょう。
アロマスプレー
ルームスプレー精油のパワーを毎日の生活に活用しましょう。精油には優れた消臭や殺菌効果があります。いろいろアレンジしてみましょう。
 ●ルームスプレー ●消臭スプレー
 ●お掃除スプレー ●虫よけスプレー

【ブレンドの目安】
 精製水50ml に対し、(市販の飲料水でもOK)
 +無水エタノール10~20ml
 +精油20~40滴

※必ず良く振ってからご使用ください。使用の目安は2ヶ月以内。

無水エタノールを加えない場合は、1週間以内に使い切りましょう。じんわり温めて症状を緩和、熱には冷湿布で対処。
温湿布・冷湿布
温湿布・冷湿布目の疲れや肩のコリ、腰やお腹など気になる部分に当てて、ケアする方法です。

洗面器に熱めのお湯を入れて、精油を1~5滴落とし よくかき混ぜます。

その中に清潔なタオルを浸し、絞って気になるところに当ててください。

●冷湿布…熱には、同じ要領で冷たい水に精油を落とします。
アロママッサージ
マッサージ肌から鼻からアロマの効果を吸収しましょう。

アロマテラピーの中で最も効果の高い方法です。心身ともにリラックスしながら、お肌やボディのメンテナンスをしてみましょう。
リンパの流れに沿って、やさしくマッサージします。

※必ず、キャリアオイル(ホホバオイルなど)にまぜてから使用します。体に不調がある時などは、マッサージはしないでください。

【ブレンドの目安】
 ●ボディ…キャリアオイル10ml+精油1~3滴(2%以内)
 ●フェイス…キャリアオイル10ml+精油1~2滴(1%以内)

自然の恵みがあなたのキレイを応援します。
アロマコスメ
簡単にできる手づくりコスメにチャレンジしてみてはいかが?好きな香りで自分だけのオリジナルコスメを楽しんでみましょう。もちろん安全・無添加。

 ●スキンローション ●ボディミスト
 ●頭皮用トニック  ●虫よけスプレー

【ブレンドの目安】
 精製水50ml に対し

 +無水エタノール5ml
 +精油2~3滴(1%以内)

※スキンローションは、精製水の代わりにフローラルウォーターでもOK。乾燥肌の方には無水エタノールの代わりにもキャリアオイルかグリセリンにするとしっとり感が高まります。
※毎回よく振ってから使いましょう。使用の目安は約2週間以内に。
お洗濯の香りづけに
お洗濯のリンスほのかに漂うハーブの香りでしあわせな気分に。
最後のすすぎ水に精油を1~2滴落とします。精油のもつ消臭・殺菌効果は洗濯物を部屋干ししてもイヤな臭いがつきにくくなります。また干した洗濯物に直接アロマスプレーを吹きかけてみてもよいでしょう。
重曹と精油を混ぜたものをあらかじめ作り置きしていつもの洗剤と一緒に入れてもGOOD。洗剤の量を2~3割減らすことができます。

【ブレンドの目安】

 重曹大さじ1杯強+精油2~5滴

※作り置きする場合は、ふたのしまる遮光瓶に入れておきましょう。
マウスケアに
マウスウォッシュ・マウススプレー日頃からの習慣で、風邪の予防に期待できます。

精油をつかったうがいは、病原菌が侵入しやすいのどを、いつも殺菌・消毒してくれる作用があります。

コップ1杯の水に精油を1滴入れてよく混ぜてうがいをしてみましょう。

ペットボトルにいれておくと、いつでもマウスウォッシュできます。
消臭効果も期待できますますので、口臭が気になる時にも試してみてください。無水エタノールを少量加えると(500mlの水に5ml程度)保存期間が2週間ぐらい大丈夫です。

使用上のご注意

  • 原液のまま目・皮膚・粘膜につけたり、口に入れたりしないでください。
  • マッサージなど肌に使用する場合は必ずキャリアオイルで希釈してください。
  • 精油は引火する可能性があるので火気には十分ご注意ください。

保管の仕方

  • 使用後すぐに蓋を閉め、直射日光・高温多湿の場所を避け保管してください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 開封後の使用の目安は6~12ヵ月です。
人気商品ランキング
このページの先頭へ